歯医者おすすめの歯磨き方法

虫歯などの治療や歯の検診で歯科に行くと、歯医者から歯磨きの指導を受けることがあります。


歯医者がおすすめする歯の磨きの方法は、普段私たちが自己流でやっている方法とは違っていることもあります。

歯医者おすすめの歯磨き方法を知って、普段の歯磨き方法を改善することで健康な歯や口内を保つことができるようになります。


良い歯磨きをするためには、まずは良い歯ブラシが必要になります。

歯医者がおすすめする歯ブラシには共通点があります。



それはブラシの部分は柔らかくて、ヘッドは小さい歯ブラシです。

柔らかいのがいいのは、歯や歯茎に強い刺激を与えないためで、強い力で硬いブラシを使うと歯が削れてしまったり歯茎を傷つけてしまうことがあるからです。

またヘッドが小さいのが良いのはヘッドが大きいブラシを使うと、奥のほうまでブラシが届きにくかったり、歯を1本1本磨きにくいことがあるためです。歯磨きの基本的な方法は、まず歯ブラシに歯磨き粉をつける際には水にぬらさないことです。これは水をつけると泡立ちがよくなるために、きちんと磨けている気分になってしまい隅々まで磨けないことがあるためです。
ぬらさなくても洗浄力には変化はないので、ぬらさずに行うようにしましょう。

All About情報のお得な利用法をお教えします。

また歯磨き粉のつけすぎも良くありません。
多くても5mm程度で十分です。

持ち方はペンを持つように持つことで余計な力が入らず歯にかける負担を少なくすることができます。

磨き方は歯ブラシを歯に45度の角度であて、力を入れずに優しく歯を1本づつ磨くようにします。

すすぎは1回か2回、必要以上にすすぐと歯を守る成分まで流してしまうことになるので注意しましょう。

歯医者のおすすめの情報をあなたにご紹介いたします。